検索
  • ㈱Lilav

クラウドファンディング開始しました。




『重度心身障害児(医療的ケア児を含む)の放課後等デイサービスを開設したい!』

https://camp-fire.jp/projects/view/508281


この医療的ケア児を巡る近年の動向して注目されたのは、今年6月に「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律」が参議院本会議で可決され、同年9月には施行されたことではないでしょうか。


この法律が施行されて背景には、医療的ケアが必要な子どもたちが増えたこと、そして、そういった障害があるお子さんを育てながら働く(働きたいと思う)保護者の方たちが増えたことがあります。


現在、東京都杉並区には二ヶ所の重度心身障害児を対象にした放課後等デイサービスがあります。しかし昨今、上述した事と同様に、重度の障害(医療的ケア児も含む)がある子どもたちが増え、そして、そういった障害があるお子さんを働きながら育てる保護者の方たちもまた増えてきているという状況です。


杉並区には認定NPO法人フローレンスが運営する障害がある子どもたちの保育園であるヘレンがあり、安心して障害があるお子さんを預けて、保護者の方たちは仕事ができるという環境があります。しかし、小学校に入学すると環境は変わり、特に学校が終わった後の時間、つまり放課後の時間に障害がある子どもたちが過ごす居場所が(時間的にも場所的にも)限られてくるというのが、現在の杉並区の課題です。


その課題を解決しようと、杉並区と弊社株式会社Lilavはその課題について話し合いを進めながら、子どもたちの放課後や夏休み等に過ごせる場所を増やそうと放課後等デイサービスの開設をすることにしました。


弊社、株式会社Lilavは放課後等デイサービスという事業で障害がある子どもたち、そしてそのご家族の生活や人生を守ろうと活動をしていますが、法人としては2020年に設立したばかりでまだ経営的には安定しているとは言い難い状況です。しかし、弊社には重度の障害がある方たちのケアができるスタッフが揃っており、なんとかして障害がある子どもたちと、そのご家族の生活や人生を支えたいという強い想いがおります。

弊社のような若い会社では経営面で苦しいこともありますので、皆さまにクラウドファンディングを通してご協力していただきたいと思っております。


放課後等デイサービスの開設にご協力をお願いいたします。


『重度心身障害児(医療的ケア児を含む)の放課後等デイサービスを開設したい!』

https://camp-fire.jp/projects/view/508281

67回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

エル放課後等デイサービスで嘱託医をしていただく先生が決まりました。 嘱託医は方南町にあります、いりたに内科クリニック院長の入谷栄一先生がお受けくださいました。 入谷先生には定期的にお子様の様子を見にきていてだいたり、スタッフへのアドバイス等をしていただく予定になっております。 いりたに内科クリニックの詳細は下記のURLよりご確認いただけます。 医療法人社団勝榮会 いりたに内科クリニック https