C8FD674F-67D5-4E5E-83A9-513D098E738C_edi

 株式会社Lilav代表取締役の尾形雅徳です。

 この度は弊社の事業内容につきまして、ご関心を賜り誠に感謝申し上げます。

 

 

【社名について】

 私は「人生は航海に似ている」という人生観を持っており、社名である「Lilav」は「Life is like a voyage」の頭文字を取って名付けました。

 また、私たちの介護及び看護という名の船で多くの方々を今までに見たことのない世界を見てもらいたいという想いも社名には込められています。

 

【幸せや夢を実現できる介護を】

 これまで、特別支援教育に10年、そして重度心身障害のある方々の介護に4年従事してきました。

 これまでの経験を踏まえ、私が社会でやるべきことは出来る限り多くの障害がある方たちをサポートをすることだと思い起業しました。

 私は、介護をする上で大事にしていることがあります。それは、介護は生活をサポートするだけでなく、その方の幸せや夢を実現できる介護であるべきだということです。

 私にも夢があります。夢があるからこそ生きがいを持って生活ができていると思っています。その夢が叶えられた時はかけがえのない喜びとなり、そして、何物にも替えられない幸せへと変わっていくのだと思います。そんな想いを持ち、私は障害や病気がある多くの方々が持っている夢の実現をサポートできるような介護をしていきたいと思っています。ですので、弊社では、利用者の方には必ず「夢はありますか?」と聞き、そこから介護始めたいと思っています。

 

【新しい介護の形を創造する】

 起業を考えた際、私がこの社会においての役割は障害がある方たちの支援だと漠然と考えていましたが、ただ生活上のサポートをするだけで良いのだろうかと疑問を持っていました。それだけで、障害や病気がある方たちやそのご家族は満足なのだろうかと思ったのです。というもの、大学院時代のことをふと思い出したからです。大学院では障害がある方たちのQOL(生活の質)についての研究をしました。その研究では、障害のある方たちのQOLを向上するためにはひとつの支援だけではなく、多面的及び複合的な支援を提供していくことが大切だということがこの研究で明らかになりました。このことを思い出し、既存概念で固められたこれまでの介護を壊し、多面的及び複合的な視点を持った新しい形、新しい理念を持ったの介護を作ろうと思いました。しかし、実際のところはまだ大枠のようなものしか私の中では定まっていないので、これから利用者の皆様やスタッフと共にこれからの日本や世界を支える新しい形の介護を創造していこうと考えています。

 

【最後に】

 長くなりましたが、私は弊社が障害や病気がある方々やそのご家族、そして一緒に働いてくれるパートナーたちが幸せを掴めるような会社にしていこうと思っています。それが実現できるように、日々精進してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

プロフィール

   出身 

    茨城県北茨城市

 

学歴

2001年 茨城県立磯原高等学校 卒業

2003年 Richmond International College Tourism course(カナダ) 卒業

2007年 明治大学 英米文学専攻 卒業

2013年 筑波大学大学院修士課程 特別支援教育専攻 卒業

2017年 筑波大学大学院博士後期課程 障害科学専攻 中退

 

職歴

2007年〜2008年 

芝浦工業大学附属中学 英語科非常勤講師

代々木高等学校 英語科非常勤講師

 

2008年〜2010年 

大阪市立生野特別支援学校 英語科常勤講師

 

2010年〜2011年 

星槎高等学校 英語科教諭 軟式野球部顧問

 

2011年〜2013年 

文京区立文林中学校 特別支援教室専門指導員

 

2013年〜2017年 

筑波大学心理発達教育相談室 非常勤相談員

(中高生のSST、英語指導、作文指導、アーレンシンドローム担当)

文京区立茗台中学校 特別支援教室専門指導員

 

2017年〜2020年

心身障害児総合医療療育センター むらさき愛育園 

児童指導員並びに介護福祉士

 

2020年〜

株式会社Lilav 代表取締役

 

資格・免許等

・中学・高校英語科教員免許

・Irlen syndrome screener(米国で取得)

・教育学修士(特別支援教育)

・介護福祉士

・重度訪問介護従事者

・行動援護従事者

・難病患者等ホームヘルパー

 

出版物等

・アーレンシンドローム「色を通して読む」光の感受性障害の理解と対応 翻訳(金子書房)

・長所活用型指導で子どもが変わる Part 5 分担著(図書文化)

・教職課程 2016年度6月臨時増刊号(協同出版)

・教職課程 2017年度6月臨時増刊号(協同出版)

・教職課程 2017年度8月号(協同出版)

・教職課程 2018年度6月臨時増刊号(協同出版)

・教職課程 2019年度6月臨時増刊号(協同出版)

・教職課程 2020年度3月号(協同出版)

・教職課程 2020年度6月臨時増刊号(協同出版)

 

論文

・光の感受性障害があるひとの有色レンズによる生活改善に関する研究

(2015年10月 教育相談研究第52巻)

・光の感受性障害に関する研究の動向について

(2016年3月 障害科学研究 第40巻)

 

研究発表

・Effectiveness of Irlen lenses for people with Scotopic Sensitivity Syndrome in daily life

(2015年7月, Irlen International conference,)

・Relationship between Scotopic Sensitivity Syndrome and Hypersensibilities

(2016年7月,The 31th International Congress of Psychology,)

・視知覚の過敏性がある計画能力優位の子どもへの支援-漢字・作文を中心に-

(2017年8月, 第40回日本K-ABCアセスメント学会)

 

賞等

・2016年 筑波大学心理発達教育相談室功労賞

 

ブログ

ブログで経営や福祉のこと、時々趣味のことを綴っています。

https://profile.ameba.jp/ameba/autumn-leaves-1982/

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram